中国語学習ジャーナル『15分チャイニーズ』を更新しました。

2015年10月27日

依頼の作法

人にものを頼むとき、「...してください」と言うより「...していただけますか」のように疑問形にして相手に断る余地を残すほうが丁寧なのは、日本語も中国語も同じです。単純に"请给我您的名片"「お名刺を下さい」と言うより"请给我您的名片好吗?/可以吗?"のように疑問形にしたほうが丁寧です。

今回は2パターンの疑問形依頼構文を学びますが、もう一つはこういう感じです。

能给我您的名片吗?(お名刺をいただけますか)

 "能"は"能不能"でも、あるいは"可以"を使っても構いませんが、いずれにしても"请...好吗?/可以吗?"より丁寧な依頼になります。

もう一つ応用です。

你能帮我拿一下行李吗?(ちょっと荷物を持っていただけますか)

"帮我"「私を助けて」と"一下"「ちょっと」はつけ足しではありますが、依頼文ではよく一緒に使われますので構文に加えました。内容によって、"帮我"を"给我"「私のために」"一下"を"一点"などに変えてください。もちろんカットしても構いませんが、日中ともに言葉を足すごとに丁寧さは増していきます。特に"帮我"や"给我"は日本語には直接表れないことが多いので、ニュアンスを感じとってうまく使えるよう練習してください。

ところで、日本語には「...していただけませんか」のように否定の疑問形を使えばさらに丁寧になりますが、中国語はそうはいきません......続きはこちらへどうぞ。

ページトップへ戻る

講師紹介

SC神戸中国語スクールからのお知らせ・トピックス
ご予約・お問い合わせ

ポイント購入-Paypal

Paypalでのオンラインレッスン用のポイント追加購入は、以下からどうぞ

特定商取引法に基づく表示
受講生から頂いた喜びの声(クチコミ)
中国の伝統楽器 二胡プライベートレッスン
リンク集
Copyright© SC神戸中国語スクール All Rights Reserved.