中国語学習ジャーナルに"不知道"の後に何を言うかについて投稿しました。

2014年11月27日

011 "不知道"だけでは困ります

 そりゃー、知らなければ仕方ないですけれど、何か尋ねられて、"不知道"の一言で終わってしまっては、しらけた空気が流れるかもしれませんね。

 そこで、こんなパターンを用意していても、損はないと思います。

 【我也不知道,但是我想...:私も知りません/分かりませんが、...だと思います】

 日常のコミュニケーションを図るのに、必ずしも正しい回答でなくてもよいのです。

 例えば、何々はどこで買えるかと聞かれて、たとえ知らなくても、最低このように言えば、会話が次のステップに進展するかもしれません。

 我也不知道,但是我想DAISO可能有。(私も知りませんが、ダイソーにあるかもしれません)

 想像の意味を含んだ"想"に、自信なげな"可能"を加えてみました。可能性を上げるなら、"可能<大概<一定"「かもしれない<たぶん<きっと」のバリエーションもありますし、"应该"(...のはずだ)ぐらいを使い分けられれば十分かと思います。さらに文末に推量の"吧"を付け加えてもいいですし、言い換えもまだまだありますが、この種のものは、まず一つのパターンを確実にマスターすることが大切です。

 ちなみに、初級会話クラスの中国語を聞いていると、今回のような"也"が入らない人は意外に多いのです。おそらく習熟度が低く気持ちに余裕がないからでしょう。"也"がなくても間違いではありませんが、自然に入るか否かは初級スピーキングレベルの目安になります。

 外国語のスピーキングは、一つでも多くのパターンを持っていると心強いので、少し長いですが、よどみなく言えるまで反復練習して下さい。

練習問題
【我也不知道,但是我想...】を使って、中国語に訳して下さい。

1)私も分かりませんが、彼は来ないかもしれません。

2)私も分かりませんが、たぶん1万円ぐらいすると思います。

3)私も知りませんが、彼は40歳はいっているはずです。

 解答例はこちらへどうぞ。

ページトップへ戻る

講師紹介

SC神戸中国語スクールからのお知らせ・トピックス
ご予約・お問い合わせ

ポイント購入-Paypal

Paypalでのオンラインレッスン用のポイント追加購入は、以下からどうぞ

特定商取引法に基づく表示
受講生から頂いた喜びの声(クチコミ)
中国の伝統楽器 二胡プライベートレッスン
リンク集
Copyright© SC神戸中国語スクール All Rights Reserved.